事例紹介 交通事故

いわゆる「むち打ち」首の痛みで14級認定

投稿日:

等級14級
部位頚部
症状痛み、手のしびれ
地域東濃
行政書士からコメント出会い頭交通事故による負傷で6か月の通院をされました。
主に首の痛みと腰の痛みを訴えられるいわゆる「むち打ち」の症状でした。
むち打ちの後遺症は目に見えにくい後遺症なので非常に認定が難しいのが特徴です。
今回の被害者さまも他人からはわかりづらい症状だったのですが、異議申し立てにより14級に認定されました。

-事例紹介, 交通事故

Copyright© JIBAI行政書士事務所|岐阜の後遺障害・外国人に関する申請の専門行政書士 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.