058-374-8612

営業時間 9:00〜18:00

OPEN

お役立ち情報

後遺障害に認定されないと…補償は雲泥の差

最低でも75万円の差が出る後遺障害等級の有無

後遺障害の等級は、賠償金に大きな差が生まれる原因になります。例えば、最も低い等級である14級に認定された場合、自賠責保険から75万円が支払われますが、等級がなければ0円。単純にこれだけでも75万円の差です。

交通事故の被害者が受ける補償は主に以下の項目に分かれています。

  • ・治療費
  • ・入通院慰謝料
  • ・通院交通費
  • ・休業損害
  • ・後遺障害慰謝料
  • ・逸失利益

後遺障害慰謝料、逸失利益は後遺障害等級に認定されないと「0円」。
具体的にはどの程度の金額差が出るのか、各後遺障害等級に認定された時の自賠責保険からの支払い額を示します。

等級 自賠責保険の逸失利益と後遺障害慰謝料額
第1級 3,000万円
第2級 2,590万円
第3級 2,219万円
第4級 1,889万円
第5級 1,574万円
第6級 1,296万円
第7級 1,051万円
第8級 819万円
第9級 616万円
第10級 461万円
第11級 331万円
第12級 224万円
第13級 139万円
第14級
(痛みに悩む方が出やすい等級)
75万円
非該当 0円

最低等級の14級に認定されるだけで75万円の差が生じます。 この金額はあくまで、自賠責保険から支払われる金額。 弁護士さんを介して示談交渉を行うことでその補償額はさらに増額しますので、最終的な金額の開きは格段に大きくなります。

後遺障害に認定され増額した事例

後遺障害申請を保険会社を通じてしたものの非該当となり、半ばあきらめかけていたところ弊所を知り異議申立て申請を行った案件。
後遺障害14級に認定され、弁護士を通じて示談されました。(可児市在住 10代 男性)

後遺障害認定前

補償項目 金額
後遺障害 逸失利益 0円
後遺障害 慰謝料 0円
合計 2,219万円
下の矢印

異議申立てにより、後遺障害14等級認定後

補償項目 金額
後遺障害 逸失利益 99万円
後遺障害 慰謝料 110万円
合計 209万円
point

最低等級の14級でも、示談額に200万円以上の差が出ることも。

だから後遺障害等級が重要なのです。

お問い合わせ

交通事故・外国人に関する申請のことなら
お任せください。
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。