058-374-8612

営業時間 9:00〜18:00

OPEN

お役立ち情報

後遺障害の異議申立て(再申請)手続き

一度の申請で認められなくてもあきらめる必要はありません

後遺障害の申請は、1度の申請で認定されれば最も良いのですが、認定されなくてもすぐにあきらめる必要はありません。異議申立て(再申請)の手続きがあります。 もちろん、1度目の申請内容と同じ内容では、結果も同じでしょう。ただし、なぜ後遺障害に認定されなかったかを検討して、補足資料を添付し、再申請を行えば判断が覆り、後遺障害等級に認定される可能性はあります。

JIBAI行政書士事務所では、異議申立て申請からのご相談が非常に多いのです。 特にむち打ちや骨折後の痛みなど「目に見えにくい後遺症」でお悩みの被害者さんは、異議申立てで認定されている事例も多くなっています。

一度目の申請で後遺障害に認定されないことや、思った結果にならないことはよくあります。そして、異議申立て(再申請)を行うことで認定されることも十分に考えられます。

ご相談はご本人の相談費用負担なしでお受けしています※1。ぜひご相談下さい。
※1:弁護士費用等特約が付帯されている場合はそちらに請求いたします。

「異議申立て」はより慎重に審査される

後遺障害等級の審査は、保険会社を通じて損害保険料算出機構自賠責調査事務所で審査をされます。 中でも「異議申立て」については「特定事案」として、自賠責保険審査会において、後遺障害専門部会の審査を仰ぐことになります。
つまり、1度目の審査とは案件を見る目が変わるので、この段階で十分な立証資料が揃っていれば、一度非該当になったとしても後遺障害等級に認定される可能性があるのです。

一度目の申請 二度目以降の申請(異議申立て申請)
審査機関 自賠責損害調査事務所 自賠責保険審査会 後遺障害専門部会

十分な資料収集には「被害者請求」が欠かせない

再申請において、十分な立証資料を集めようと思っても、一度目の申請を「事前認定」で行っていた場合、どんな資料が提出されたのかすらわかりません。 そこで申請の方法を「被害者請求」に切り替えることをお勧めします。 一度目の申請を踏まえて、足りない資料を補足し、「被害者請求」で申請する。これにより、申請内容の透明性と十分な立証が確保されます。

point

後遺障害については被害者がその後遺症を立証しなければいけません。つまり、相手方の保険会社は何もしてくれません。そのためには専門家をうまく活用しながら、後遺障害申請を行うことが重要です。

お問い合わせ

交通事故・外国人に関する申請のことなら
お任せください。
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。