058-374-8612

営業時間 9:00〜18:00

OPEN

お役立ち情報

自賠責保険と任意保険の違い

一度の申請で認められなくてもあきらめる必要はありません

自賠責保険とは?テレビCMの自動車保険と違う?

テレビCMで見かけるのは任意保険。任意保険は、交通事故被害者の救済のために加入が義務づけられている自賠責保険の補償内容を補うための保険なのです。自動車の保有者をはじめ、原動機付自転車の保有者も自賠責保険に加入しているはずです。自動車の場合、多くは車検のの際に自賠責保険に加入しています。

自賠責保険の支払いは、任意保険会社が代行してくれることが多いので意識することはまずありません。これを「任意一括払」と呼んでいます。一括払いであれば事故を起こしたときに自賠責保険分とそれで足りない場合の任意保険分を文字通り「一括払い」してくれるのです。

自賠責保険は自動車の保有者なら一度は耳にしたことがある保険だと思います。車検の時に一緒に支払う保険です。この保険、かけているのに使っていないと感じていませんか?
この保険は、自分にかけているのではなく、事故を起こしたときに被害者となった相手方に支払うもの。このときの被害者とは、どちらが良い悪いではなく、事故によってけがをさせてしまった相手方や同乗者を指します。

ですから、掛け金を自分が受け取ることはありません。

この保険は、被害者保護の観点から迅速かつ公平に補償することを目的としていますので、一定の限度額が定められているほか、慰謝料などは単価が決まっています。

けがの状況 金額
傷害分(入通院した期間に応じたもの) 120万円
後遺障害(症状固定後、残存した後遺症の重さによって支払われるもの) 75万円~3,000万円(要介護4,000万円)
死亡 3,000万円
支払い項目 金額(単価)
治療関係費 必要かつ妥当な実費
休業損害 原則1日5,700円
通院慰謝料 1日につき4,200円

この上限額をみてお分かりになるように、上限額は非常に少ないことがわかります。例えば、サラリーマンの方が交通事故に遭い、6か月通院したとしたらどうでしょう。治療費、休業の補償(休業損害)、慰謝料など…。上表の120万円では全く足りません。

自賠責保険で足りないときは任意保険

テレビCMでもよく目にする「任意保険」は、「自賠責保険」で足りない部分を補う自動車保険です。任意保険も自賠責保険同様、原則として自分が交通事故を起こしたときに、相手方に補償するために加入するものです。

ですから、事故に遭ったとき、万が一相手が任意保険に未加入だと、大変な思いをします。 また、相手が任意保険に入っていたとしても、自賠責保険と違って定額の支払いではありませんので、保険の支払いには相手方の裁量が働きます。

相手が保険に入っているから、どれだけでも請求できる…。ということではなくて、任意保険も必要で妥当な範囲までしか払ってくれません。中には、必要かつ妥当な範囲まで支払ってくれないケースもあります。これが、相手方との紛争につながります。

自賠責分も含めて任意保険が対応する「一括払い」

自賠責保険と任意保険の仕組みについてお話ししましたが、ここからここまでが自賠責で、ここからが任意保険で…。と考えるのはとても面倒ですし、被害者にとっては関係ないことです。

そこで、通常は相手方任意保険会社が自賠責分も立て替えて被害者に支払い、自賠責分を使い切ったら任意保険を使うという「一括払い」を利用しています。 被害者としては面倒ではないというメリットがありますが、保険会社にもメリットがあります。

それは、自賠責保険をいくら使ったのかが常にわかること。自賠責保険という他人の財布の中身をのぞいて、いざ自分の財布から支出しそうになったら、治療を打ち切るなんてこともできます。 うがった見方をすると少し人間不信になりそうな面がありますね。

「一括払い」を保険会社の利便のためだけに
つかっていない?と思うこと

専門行政書士に後遺障害申請を依頼する3つのメリット

任意保険も営利企業です。保険の支払いが増えれば、保険料UPにつながり、お客さんを他の保険会社に取られてしまいます。 ですから、支払いを抑えることで保険料を抑制し、企業として維持するために必死なのです。

そうした場合に大きな弊害になるのが、後遺障害。 上表にも記載したように、後遺障害の賠償額は高額になりがちですから、後遺障害等級に認定されるか、されないかは任意保険会社にとっても大きな違いです。

私も今までに、後遺障害に認定されないために任意保険会社が行った様々な妨害行為を目にしてきました。一部を紹介します。

私が目にした任意保険会社による
後遺障害申請の妨害

なかなか姑息な方法も目にしました。それだけ後遺障害に認定されると困るということです。任意保険会社に後遺障害の申請を任せてよいものでしょうか。

こちらは一生に1回あるか否かの交通事故ですから、いくら勉強してもプロ相手に戦うのは至難の業です。ですから、ぜひ専門家に相談してみてください。

後遺障害の申請は自分でもできる。「被害者請求」

被害者は「一括払い」を解除することにより、「被害者請求」という方法で、後遺障害の申請を行うことができます。後遺障害だけでなく、治療費など傷害分の請求も行うことができます。自身に一生残るかもしれない後遺症の補償。 利害関係のある加害者に任せっきりにしてよいものでしょうか。

被害者請求での後遺障害申請

お問い合わせ

交通事故・外国人に関する申請のことなら
お任せください。
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。